初めて万年筆を使うなら使い方を知るべき

 

万年筆は敷居が高いと思っている人が多くいます。しかし、これは間違ったイメージで最近では種類や価格は豊富で誰でも手を出すことができます。

しかし、万年筆を始めて使う人は使い方を知っておくべきです。万年筆は普段使用しているボールペンとは違います。そのため、知識がない状態で万年筆を使うのはおすすめできません。

初めて万年筆を使うのなら、まずは基本的な使い方を知っておかなければ万年筆がもったいないです。万年筆の魅力や奥の深さがわかるようになるためにも、基本的な万年筆の使い方を知っておくべきなのです。

 

万年筆のインクの入れ方について

 

当たり前ですが、万年筆を使うためにインクが必要です。しかも、万年筆は自分でインクを入れる必要があります。そのため、正しく万年筆を使うためにはインクの入れ方を知っておく必要があるのです。

万年筆のインクの入れ方には大きく分けて2種類あります。それがコンバーター式とカートリッジ式の2種類です。それぞれのインクの入れ方を紹介していきます。

コンバーター式とはペン先からインクを入れる万年筆のことです。コンバーターとはインクビンからインクを吸い上げる器具とことを指しています。このコンバーターを万年筆に装着して、ペン先をインクビンにつけることでインクを吸い上げてインクを万年筆に入れるのです。

カートリッジ形式とはカートリッジを交換することでインクを入れることができる万年筆のことです。カートリッジにはあらかじめインクが入っているため、カートリッジを交換するだけで簡単にインクを入れることができます。

コンバーター形式とカートリッジ形式にはともにメリットがあります。自分がどう万年筆を使いたいのかを考えてどちらの形式の万年筆を使用するのかを決めるべきです。

 

コンバーター形式の万年筆を使うメリット

 

コンバーター形式のメリットはボトルインクが使えて、インクのバリエーションが豊富であることです。基本的には万年筆と同一製のインクを利用するべきです。他社製のインクを利用する場合には自己責任になります。しかし、コンバーター形式の万年筆の場合には自己責任ながらも、他社製のボトルインクを利用できるのでインクのバリエーションが増えるのです。

万年筆の魅力であり、楽しみ方のひとつがインクです。自分の好みのインクを見つけて使用することが万年筆の魅力です。そのため、コンバーター形式の万年筆を使用することでインクの幅を広げ、万年筆をより楽しむことができます。

また、現在のコンバーター形式の万年筆はカートリッジも使用できる両用式が主流になっています。両用式を利用することにより、コンバーターでボトルインクを常用しながらインク切れの際には予備のカートリッジを利用するなど臨機応変に対応できるメリットがあります。

 

カートリッジ形式の万年筆を使うメリット

 

カートリッジ形式の万年筆を使用するメリットはインクを入れるのが簡単であることです。カートリッジを交換すればインクを補充することができます。そのため、インクがなくなったときにスムーズに補充することができて便利なのです。

また、外出先でも交換しやすいこともメリットです。旅先や会社など外出先にも予備のカートリッジを携帯することが可能です。そのため、カートリッジ形式の万年筆は外出先で使用する人におすすめなのです。

カートリッジインクは基本的に万年筆と同一製を使うべきです。ただし、ヨーロッパの複数のブランドでは同じ形状のカートリッジを採用しています。そのため、互換性があるのです。他社製のカートリッジを使用するのは自己責任になりますが、不可能ではなくインクの種類を選ぶこともできるのです。

 

万年筆を使い初めでインクが出ないときの対処法

 

初めて使用する万年筆はインクが出にくいことがあります。これはインクが染み込んでいない可能性があります。万年津はインクが浸透して馴染むまでには時間がかかるのです。そのため、初めて使う万年筆はインクが出にくいことがあるのです。

インクが出にくいときに注意すべきことは万年筆を振ったりしないことです。インクが出にくいと振ってしまう人がいます。しかし、万年筆を振るとインクが飛び散ったり、キャップの中がインクまみれになったりと逆効果です。

また、インクが出ないからとペン先を強く押し当てることもダメです。万年筆のペン先は尖っています。強く押し当てるとペン先が折れてしまう可能性があります。そのため、インクが出なくても強く押し当てることはやめてください。

基本的にはインクが馴染むまで待つべきです。どうしても早くインクを馴染ませたい場合には、カートリッジをゆっくりと押すべきです。カートリッジをゆっくりと押すことでインクが馴染みやすくなります。

 

万年筆は正しい使い方で長持ちさせる

 

初めて万年筆を使う人は正しい使い方で長持ちさせてください。正しい使い方をするためには愛用する万年筆はコンバーター形式かカートリッジ形式かを把握して、正しいインクの入れ方をするべきです。

初めての万年筆でインクが出ないときには馴染むまでゆっくりと待ってください。万年筆を振ったり、強く押し当たりすると壊れてしまい長持ちしません。

インクが馴染むのを待って丁寧に使うべきです。最近の万年筆は種類が多いので、自分の好みの万年筆を見つけて長年愛用してみてください。